factal(ファクタル)で給料債権を現金化!会社概要・特徴・デメリット・利用手順を徹底解説

給料ファクタリング業者Factal(ファクタル)を徹底解説!特徴や口コミ評判は?

給料ファクタリング業者factal(ファクタル)を徹底解説

会社員の中には、どうしても給料日前にお金が足りなくなってしまい、困っているケースもあるのではないでしょうか。

 

しかし、もちろん消費金融やカード審査落ちの状態だったり、過去に自己破産した経験があったりなどから、借入はできない方もいるかと思います。

 

給料ファクタリングは会社に雇用されている、つまり定職についていれば融資以外の方法で資金調達の対応をしてもらえるサービスです。

 

そしてファクタルは、利用者から指示を得ている新しいファクタリングサービスで、勤務先に知られることなく利用できます。

 

今回は給料日前の金欠を解決したい人へ向けて、ファクタルの事業概要からサービス内容をはじめ、メリットや注意点など紹介していきます。

 

給料ファクタリングできるFactal(ファクタル)の会社概要

給料ファクタリング業者factal(ファクタル)の会社概要

まずはじめにファクタルの会社概要や基本情報について紹介します。

運営会社リブノース合同会社
代表者福島 智氏
所在地熊本県熊本市東区御領8丁目8-10
営業時間平日9時から17時まで、土日祝日休業
所在地熊本県熊本市東区御領8丁目8-10

ファクタルの運営企業はリブノース合同会社と呼ばれる企業で、経営者と出資者が同じ形式の会社のようです。(株式会社の株主と経営者は異なる)

 

公式サイトは2019年5月23日に開設されていることもあり、事業開始は2019年もしくは2018年などと考えられます。(事業開始日は記載なし)

 

事業内容は給料ファクタリングのみで、会社員など雇用されている個人向けに資金調達サービスに特化しています。

ファクタルでする給料ファクタリングのサービス内容

給料ファクタリング業者factal(ファクタル)のサービス内容

では、続いてファクタルが提供している給料ファクタリングサービス内容を以下にまとめてみました!

 

  • 2社間ファクタリングで対応
  • 買取条件は企業で働いてる個人
  • 買取対象は給料債権

 

では、1つずつ見ていきましょう。

ファクタルは2社間ファクタリングで対応

ファクタルの給料ファクタリングでは、2社間ファクタリング形式対応しています。

 

そのためファクタリング会社との取引が勤務先にバレないので信用を気にする方には最適でしょう!

 

2社間ファクタリングがバレない仕組みは『給料ファクタリングでバレずに資金調達できる仕組みって?個人向けに2社間がオススメなワケ』で詳しく解説しています。

買取条件は企業で働いている個人

ファクタルの買取対象は企業に雇用されている個人の方!

 

つまり、働いていて給料を定期的に貰っていれば誰でも利用できるのです。

 

会社員はもちろんのことアルバイトの方でもできるため幅広いニーズに応えられます!

買取するものは給料債権

ファクタルが提供している給料ファクタリングは、利用者から給料債権を買取、給料から手数料を差し引いた金額を振り込むサービスです。

 

そして給料債権とは、会社から給料をもらう権利のことで、給料債権を取引することによって給料ファクタリングは成り立っています。

 

あくまで権利の売買であり給料を担保にした借金とは異なるため利息は発生しないのです!

ファクタルの手数料は10%から

給料ファクタリングには手数料があり、10%や15%など利用者の条件に応じて設定される仕組みです。

 

また、2社間ファクタリングは3社間ファクタリングよりも高く、20%などから設定されているケースも珍しくありません。

 

一方ファクタルは、2社間ファクタリングで10%から手数料を計算しているため比較的良心的な価格設定といえるでしょう。

 

手数料については『結局給料ファクタリングの手数料っていくら?気になる相場を5chの口コミ評判から徹底調査』で詳しく解説しています。

ファクタルで給料ファクタリングするメリットや特徴

給料ファクタリング業者factal(ファクタル)のメリットと特徴

続いてはファクタルが提供している、給料ファクタリングサービスのメリットや特徴について見ていきましょう!

 

特筆すべきメリットはこちらの4つです。

 

  • 会社にバレない
  • 審査に個人の信用情報は影響しない
  • 簡単・即日で現金GET
  • 安全性バツグン

給料ファクタリングの利用を会社にばれない

ファクタルでは2社間形式を採用しているので、給料債権の売却を会社に知られることなく進められます

 

会社に知られると今後のキャリアや出世に影響したり職場関係が悪化する可能性があるのでバレないに越したことはないですよね。

会社員として働いていれば信用情報に関わらず利用できる

ファクタルの給料ファクタリングは個人の信用情報の審査がないため、過去に自己破産していたり金融ブラックだったりしても利用できます。

 

また、給料債権の買取サービスは融資ではないため信用情報に傷がつきません

 

そのためこれまで何度も融資の審査落ちしている方や金融ブラック、これ以上信用情報に影響を与えたくない方にも利用しやすいサービスといえるでしょう。

対応エリアは全国!最短30分で完了!

ファクタルの給料ファクタリングサービスはWEB上で申し込み~入金まで完了するため自宅や遠方など全国どこでも利用可能です。

 

また、申し込みを平日13時までに行えば即日・最短30分で入金手続きまで対応してくれる迅速対応も魅力と言えます。

 

たとえば出張が決まったものの自費で準備できない場合や、保険やローンなどの支払いが難しく、急を要する状況でも利用しやすいサービスですね。

個人情報取り扱いは明記している

申込みの際には個人情報を提出するため安全性に不安を感じる方もいるでしょう。

 

ファクタルの公式サイトでは、個人情報の取り扱いや情報管理、安全管理体制などについて明記しているのです。

 

そのためセキュリティや情報管理に関して、少なくとも明記していないケースと比較すると信頼性があると言えますね。

給料ファクタリングするデメリット

給料ファクタリング業者factal(ファクタル)のデメリット

もちろんこれほどメリットに溢れたファクタルですがデメリットや注意点は確認しておくといいでしょう。

 

ファクタルで給料ファクタリングを行うデメリットは、営業時間が9時から17時と平日の日中のみといった点です。

 

そのため給料債権の買取や入金手続きは、平日の日中のみしか対応できないのです。

 

会社員の多くは8時30分から18時や21時までの勤務時間ですので、ファクタルの営業時間内に申し込みできないと感じる方もいるでしょう。

 

しかし、申し込み受付は24時間365日対応しているので、即日対応しなければいけない状況を除けば問題ではありません。

ファクタルでする給料ファクタリングの利用手順・流れ

給料ファクタリング業者factal(ファクタル)の利用手順・流れ

ここからは、ファクタルのサービス手順を分かりやすく解説します。

 

申込みから入金までの流れは大きく分けると以下の6手順で特に難しい手続きや準備はありません。

 

  1. 申込みに必要な書類を用意
  2. 『お申し込みはこちら』をクリック
  3. ファクタルから電話があり簡単なヒアリング
  4. 必要書類をメールに添付して送信する
  5. 審査が終わり次第、契約手続き
  6. 振込指定口座に入金がされる

 

初めて給料ファクタリングを利用する方にとっても、比較的分かりやすい内容ですので1つずつ見ていきましょう。

申し込みに必要な3種類の書類を用意

ファクタルでは以下の書類(写し)が必要ですので、申し込み手続きの前に準備しておくと手際よく進めることができます。

  • 顔写真付きの身分証明書の写し
  • 保険証の写し
  • 直近2ヶ月分の給料明細の写し

給料明細がない場合はお給料が振り込まれている通帳ページの写しでも対応できるようです!

 

また、給料明細や通帳については、1ヶ月分では再確認が必要となるため数ヶ月分の支給が確認できるようにしておきましょう。

『お申し込みはこちら』をクリック

必要書類の準備ができたら、ファクタルの公式サイトへアクセスします。そして、公式サイト内には、『お申し込みはこちら』ボタンがあるのでクリックしましょう。

 

クリック後は別画面へ移動し、以下の16項目の情報を入力します。

  1. 氏名
  2. 年齢
  3. 家族構成
  4. 性別
  5. 住所
  6. 生年月日
  7. 勤務先の会社名
  8. 勤務先の住所
  9. 勤務先の電話番号
  10. 勤務形態
  11. 保険証の種類と取得日
  12. 勤続年数
  13. 給料日
  14. 電話番号
  15. メールアドレス
  16. コメント

 

ファクタルでは電話申し込みも受け付けていますが、電話で伝えるよりもお問い合わせフォームで入力した方が情報の伝達ミスを防ますよ!

 

個人情報の入力にて住所と身分証明書に記載されている住所が異なる場合は電気料金の請求書などで、再確認を求められるため気を付けてくださいね。

ファクタルから電話があり簡単なヒアリング

申し込み手続きが完了すると、ファクタルから電話があります。

 

電話の内容は、給料の手取りや勤続年数などの勤務先に関する簡単なヒアリング・確認です。

必要書類をメールに添付して送信する

ヒアリングが終わったら事前に用意した3種類の必要書類をファクタルへメール添付・送信します。

 

メール送信後には審査が行われますが、あくまで審査対象は勤務先の会社のため利用者個人の信用情報は影響しません。

 

ちなみに審査時は会社に給料ファクタリングの利用を通知しないため、会社に知られることはありません。

審査が終わり次第、契約手続き

勤務先の会社に関する審査が完了すると、ファクタルから再度電話があります。

 

電話の内容は、買取金額(給料から手数料を差し引いた金額)の提示があるので、金額に問題がなければ契約手続きを進めていきましょう。

 

契約成立すると電子契約書がメールにて届くので、以下の内容を入力して返信すれば手続き完了です!

  • 金銭の貸し借りではない趣旨(融資ではない)
  • 振込指定口座の情報を入力して返信作業

振込指定口座に入金がされる

契約完了後は、メールで送信した振込指定口座へ入金手続きが行われます。

 

ファクタルの場合は、最短30分で入金手続きが行われるスピード対応も魅力です。

 

今すぐお金を用意しなくてはいけない方には特にピッタリな業者ですね。

ファクタルでする給料ファクタリングまとめ

給料ファクタリング業者factal(ファクタル)まとめ

法人向けのファクタリングを提供している会社は近年増えていますが、給料ファクタリングは2019年時点でも比較的少ない傾向です。

 

また、ファクタリングサービスは全てが安全という訳ではなく中には悪質な業者も存在します。

 

ファクタルは事業規模の比較的小さな企業ですがサービス内容や個人情報の取り扱いなど細かな規約・契約を明記している安心感があります。

 

また、サービス内容も即日対応・最短30分での入金手続きや、勤務先にバレないなどメリットが多数ある点を含めるとファクタルは非常に満足度の高い優良業者と言えるでしょう。

 

ただ、実はもっとお得に取引できるファクタリング業者があるのです。

 

給料ファクタリングのパイオニア『七福神』は手数料が業界最低水準で対応しています。

 

限りあるお給料を少しでもお得に現金化するなら利用して見る価値ありですよ!

トップへ戻る