給料ファクタリングは個人向けの即日資金調達法【おすすめ優良店3選】

給料ファクタリングは借りない資金調達法!専門家が徹底解説

突然ですが、給料ファクタリングはご存知でしょうか?

 

『今すぐお金が必要!』という緊急事態に遭うことは普段働いてお給料を貰っている方であっても珍しいことではありません。

 

必要分の貯蓄があれば話は済むのですが、足りない場合の資金調達方法として思い浮かぶのが消費者金融やクレカのキャッシングといった借入が一般的でしょう。

 

とはいえ借入には厳しい審査があるため誰でも利用できるわけではありません。

 

近年、こうした緊急事態の金策として借入に代わる『個人向けのファクタリング』が注目されているのはご存知でしょうか?

 

簡単に言うと、翌月のお給料を貰う権利(給料債権)を買い取ってもらうことで実質お給料を先払いしてもらえる資金調達方法なのです。

 

はじめまして、当サイト管理人の島根善吉と申します。

 

当サイトでは15年間ファクタリング業界で培ったノウハウを活かし、専門家として少しでも多くの方にお得な情報をお届けしていきます。

 

※2020年3月より給料ファクタリングが貸金業とみなされる見解が金融庁および司法から発表されました。

 

これによりヤミ金と同様の違法なサービスとして扱われることになります。

 

これから利用を検討している方は給料ファクタリングの違法性についてよく確認した上で検討する必要があります。

 

 

もちろん給料ファクタリングはあくまで1つの手段。
現状、ブラックでもできる現金調達法であればクレジットカード現金化が最もオススメな方法になります。
審査なしで即日現金化できるため借り入れができずにお困りの方の多くが活用していますよ!


 

ファンレジ

給料債権を買い取る個人向けファクタリングとは

給料債権を買い取る個人向けのファクタリングとは

 

『給料債権?』
『個人向け?』
『給料ファクタリング?』


そもそもファクタリングは法人や個人事業主の売掛金を対象にした資金調達手段のためピンとこない方もいるかもしれません。

 

どういったものかと言うと売掛主から売上を請求する権利(債権)を買い取ってもらい資金を調達する仕組みになります。

 

簡単な話、将来的に手に入る売上が約束されていれば前倒しで現金を調達できる方法なのです!

 

いわゆる翌月の給料を前借りするようなイメージでしょう。

 

給料ファクタリングは給料を貰う権利を債権としてファクタリング会社に買い取ってもらう資金調達方法になります。

 

また審査には個人の信用情報は影響しないため以下のような方でもお金を調達できるのです。

  • カード事故を起こしたことがある方
  • 消費者金融の審査に通らない方
  • 金融ブラックの方
  • クレジットカードが使えない方
  • 自己破産した方

給料ファクタリングの仕組み

給料ファクタリングの仕組み

では、具体的な仕組みを見ていきましょう。

 

給料ファクタリングは『利用者の基本給』を対象に利用者とファクタリング会社の間で行われます。

 

いわゆる2社間ファクタリングと同じ仕組みであり具体的な手順は以下の4つ。

  1. 利用者とファクタリング会社の間で給料債権の売買契約を結ぶ
  2. ファクタリング会社から手数料を引いた額が入金される
  3. 利用者は給料日に勤務先から給料を受け取る
  4. 給料をファクタリング会社に支払って精算

 

ボーナスといった賞与は買取対象外です!
さらには年金や失業手当といった公的な給付金も買い取れないので注意してくださいね!


給料ファクタリングの7つのメリット

給料ファクタリングの7つのメリット

  1. 自宅からでもスマホ1つで取引できる
  2. 審査が厳しくない
  3. フリーターや主婦でも利用できる
  4. 信用情報に傷がつかない
  5. 即日で現金化できる
  6. 償還請求権がない
  7. 誰にもバレない

 

メリットは豊富にありますが特に紹介したいのがこちらの7つです!

 

豊富なメリットの裏側には給料ファクタリングが借入ではないからこそ実現するものでしょう。

 

では、それぞれ見ていきます。

自宅からでもスマホ1つで取引できる

給料ファクタリングで行う際にはスマホやパソコンから公式サイトに申し込みをします。

 

やり取りは電話とメールで行うため借入のようにわざわざ事務所を訪れる必要はないのです。

 

必要な時に自宅や勤務先から手軽に申し込めるのは便利ですよね!

審査が厳しくない

給料ファクタリングの審査は厳しくない

通常カードローンなどの借入の審査には個人の信用情報が重視されます。

カードローンを提供している会社は、貸したお金を必ず返してもらわないと経営が成り立たなくなります。
そのため、誰にでもカードローンを利用させるのではなく、返済能力があり、しっかりと完済してくれる人を見極めて融資するのです。
引用元:JCB:カードローンに審査が必要な理由

と、このように返済能力が認められないと審査突破は容易ではないでしょう。

 

一方、給料ファクタリングの審査には基本的に個人の信用情報は影響しません!

 

なぜなら給料ファクタリングの審査対象は『勤務先の信用』が重要視されるのです。

 

つまりファクタリング会社からすると勤務先が利用者にお給料を支払えるだけの力があれば問題はありません。

 

給料ファクタリングの審査については『落ちた?給料ファクタリングの審査基準と審査落ちする原因を徹底解説』でも紹介しています。

パートやアルバイトでも利用できる

勤務先の信用が認められれば審査が通るため雇用形態は関係ありません!

 

たとえアルバイトであっても給料を貰っている証明があれば学生のアルバイトであっても利用できるのです。

 

利用する際には給料明細や過去の入金履歴を求められることがあるので予め準備しておくといいでしょう。

信用情報に傷がつかない

給料ファクタリングは信用情報に傷をつけない

今後、車や家の購入といった大きな金額の買い物でローンを組む際に信用情報を求められるでしょう。

 

給料ファクタリングは前述までの通り借入ではないため信用情報に影響はありません!

 

信用情報への影響は今後の借入やローンを組む際の審査に関わるので重要視すべきメリットと言えますね。

即日で現金化できる

  • 勤務先がちゃんと給料を払っているか
  • 倒産して払えなくなることはないか

 

給料ファクタリングは上記の2点の信用が認められれば審査が通るため、とてもスピーディーに資金調達が可能になります。

 

ファクタリング会社によっては最短30分で振込をしてくれるので急いでいる方でも安心して利用できますね。

償還請求権がない

給料ファクタリングは借入や融資ではないため償還請求権を持ちません。

 

つまり、買取代金が振り込まれたあとに勤務先が給料を支払えない状態になってもファクタリング会社は利用者に『金返せ!』とは言えないのです。

 

仮に勤務先が倒産した場合でも利用者が返済の責任を負う必要はありませんl

誰にもバレない

給料ファクタリングは誰にもバレない

最後に紹介するメリットは給料ファクタリングの匿名性の高さでしょう。

 

勤務先に給料債権の譲渡に関する同意を得る必要がないため勤務先からの信頼に影響しないのです!

 

もちろん、家族や知人に知られることもないため心配はいりません。

 

詳しい内容は『給料ファクタリングでバレずに資金調達できる仕組みって?個人向けに2社間がオススメなワケ』を参考にしてみてくださいね。

給料ファクタリングのリスク・デメリット

給料ファクタリングのリスクとデメリット

給料ファクタリングは豊富なメリットがありかなり魅力的ですが、利用する前にリスクやデメリットを確認しておくといいでしょう。

 

利用する上で特に気をつけていただきたいのが給料ファクタリングは貸金業とみなされているため免許登録されていない業者は貸金業法違反となります。いわゆる闇金ということですね。

 

最近ではSNSや掲示板上にもファクタリング業者を名乗る悪徳業者または悪意のある個人間融資のアカウントも存在するため注意が必要です。
SNSや掲示板上の業者を利用する危険性についてはこちら

 

仮に闇金業者を利用してしまった場合は以下のような被害が報告されており危険性は高いと言えるでしょう。

 

  • 会社にバラすと脅される
  • 異常なほど執拗に取り立てられる
  • 個人情報を悪用される

 

給料ファクタリングを利用する際には安心して利用できるファクタリング会社をしっかり確認しておく必要があります。

給料ファクタリング利用手順

給料ファクタリングの利用手順

では、利用の流れを解説していきます。

 

ファクタリング会社との取引は申込みから振込完了までネット上で行います。

 

そのため申し込む際に以下の必要書類を用意しておきましょう!

 

  • 顔写真付きの身分証明書(例:免許証や住基カード等)
  • 保険証
  • 2~3ヶ月分の給料明細(もしくは給料が振込されている通帳ページ)

 

用意できたら以下の5つの手順で行います!

 

  1. ホームページから申込み
  2. 電話による受付
  3. 必要書類をメールかFAXで送信
  4. 審査後、ファクタリング契約を結ぶ
  5. 買取代金が入金される

ホームページから申込み

ファクタリング会社のホームページから申込みフォームの入力・送信を行いましょう。

 

基本的な入力内容は以下のようになります。

  • 名前
  • 性別
  • 住所
  • 連絡先
  • 生年月日
  • 家族構成
  • 勤務先情報
  • 雇用形態
  • 給料に関する情報
  • 他社の借入状況 etc...

電話による受付

申込みフォームを送るとファクタリングから電話による10分前後の受付が行われます。

 

  • 申込後の流れ
  • 必要書類の案内

 

主に上記の内容に関する説明なのでこの時点でわからないことがあれば確認しておくといいでしょう。

必要書類をメールで送信して審査開始!

電話の受付が完了したら必要書類をメールで提出しましょう!

 

後に審査が行われます。

 

この際の審査は前述の通り勤務先の信用情報やこれまでの給料の入金状況のため個人の信用情報は関係ないのでブラックの方も安心です。

 

基本的に当月まで勤務先からしっかりとお給料が支給されていれば問題はないでしょう。

審査後、ファクタリング契約を結ぶ

審査結果と契約内容が電話にて伝えられるので問題なければ給料債権の売買契約に移行します。

 

メールにて契約書が送付されるので承諾の返信メールをして契約は完了です!

買取代金が入金される

契約が結ばれるとファクタリング会社から振込指定口座に買取代金が入金されます!

 

以上が給料ファクタリングの流れになります。

 

給料ファクタリングの魅力は個人の審査がない事に加えて簡単な手順で現金を調達できることにもあるのでしょう。

給料ファクタリングQ&A

給料ファクタリングの疑問を解消

給料ファクタリングで資金調達する上で気になることはこちらで確認しておきましょう。

Q:給料ファクタリングの手数料の相場は?

 

A:金額や条件次第で変動するようですが、優良ファクタリング会社であれば10%~提示しています。

手数料に関しては『結局給料ファクタリングの手数料っていくら?気になる相場を5chの口コミ評判から徹底調査』で詳しく解説していますよ!

Q:給料ファクタリングは闇金とどう違う?

 

A:給料ファクタリングは裁判で実質的な貸金業とみなされる判決が出されました。これにより貸金業登録がない業者は闇金といえます。
Q:給料ファクタリングの利用は違法にならないの?

 

A:給料ファクタリングを利用して違法となることはありません。

違法性に関しては『給料ファクタリングを安全性を徹底解説!』で詳しく解説していますよ!

Q:給料ファクタリングは土日・祝日でもできるの?

 

A:実はほとんどの給料ファクタリング業者は土日・祝日に対応していません。

日曜・祝日であれば七福神が対応しているので申込んでみるといいでしょう。詳しくは『土日・祝日対応の給料ファクタリング業者を徹底調査!』をご覧ください!

給料ファクタリング利用した方の口コミ評判

給料ファクタリングを利用した人の口コミ評判

実際に利用した方の口コミ評判を調査してまとめてみました。

 

【30代 会社員 男性】
最初は正直怖いイメージが強くて躊躇していたのですが、七福神さんは実際に利用してみると丁寧に対応してもらえたので安心しました。振り込まれた金額も契約内容通りだったので納得のサービス内容でしたよ。


 

【40代 会社員 男性】
以前利用したファクタリング会社はぶっちゃけ闇金。かなりきつい取り立てがあったのでファクタリング会社選びは慎重に行わないと危ないよ。安心できるのはほんの一握りだと思う。


 

【30代 アルバイト 女性】
カード事故を起こしてしまったので消費者金融からの審査が通らなくなってしまいました。そんな時に助けてもらったのがファクタリングでした。正直周りの人に知られたくない人は結構多いと思うからオススメですよ。


 

【50代 パート 女性】
家賃の支払いに間に合わせる際に利用しました。手数料はそれほど安くはなかったのですが即日で対応してくれたのは大変ありがたかったです。


給料ファクタリングまとめ

給料ファクタリングについてまとめ

いかがでしたか?

 

急な出費や金欠時に大いに活躍する個人向けの給料ファクタリングについて解説していきました。

 

難しそうに見えますが仕組みを考えれば給料を前借りするようなものなので手軽に行えます。

 

審査が甘く個人の信用情報が影響しないことが借入と一線を画する新たな金策と言える大きな理由でしょう!

 

ただ口コミ評判にもある通り、ファクタリング会社選びは慎重に行わないと闇金業者の被害に遭う可能性もあるので注意が必要です。

トップへ戻る